読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徐々に市民権を得てきたインプラントですが

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよく聞かれます。これはなぜでしょうか。一つには、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決をはかることです。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点になります。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。インプラント治療はとってもの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。皆様が気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス(整備や保守、点検や手入れなどのことをいいますね)次第で本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、すべての治療を通した費用はとってもの額になります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌と言う人にはインプラント治療がすすめられるでしょう。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。義歯でも、見た目や使用感を譲れない方に相応しい治療です。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいとは言えません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保って頂戴。また、定期的な歯科医のメンテナンス(整備や保守、点検や手入れなどのことをいいますね)が絶対欠かせません。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、それと裏腹のデメリット(物事には多かれ少なかれつきまとうものです)もあります。すべての患者に関わるのは、高額な費用です。高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟して頂戴。加えて、治療が失敗してとっても深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療とくらべても高額です。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険が聞かないのがどうしても高額になってしまう原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないで頂戴。外科手術を受けた所以ですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。普段よりも静かに過ごすようにして普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。血行が促進され、出血が続く惧れもあるためです。日常的に運動をつづけている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。